MENU

Native Instrumentsが「Summer of Sound」セールを開催中(※2024年7月8日まで)

アイキャッチ及び画像引用及びURL:
https://www.native-instruments.com/jp/
https://blog.native-instruments.com/summer-of-sound/

2024年5月28日から開催されているサマーセールも残り約2週間。
アップデート版購入、新規購入を検討している方は期限を忘れないようにしましょう。

円安の影響で以前と比べると割高感がありますが、それでも50% OFFは大きいですね。
アップデート版は保有しているソフトのバージョンで変動するので人によって結構幅があるかもしれません。

目次

主なセール商品

いつもの定番になりますが、主な商品はこの辺でしょうか。
記載している金額は全て本記事を投稿した2024年6月23日時点の価格になりますのでご注意ください。

Komplete 14 Standard
URL:https://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/bundles/komplete-14-standard/

  • 新規購入:88,600円→44,300円
  • KOMPLETE8-14からのアップデート:29,500円→14,500円
    ※他にもアップデートプランがありますが大半の方が上のどちらかになると思いますので省略します。

DTM初心者だったり、KOMPLETE初購入の方にはSTANDARD版をオススメします。有名所のKontakt、Massive、Batteryなども収録されているのでこれで十分かと思います。物足りなくなればULTIMATEへ有償アップデートできます。

これの下位版としてSelectが存在していてMassiveも収録されているので一見良さそうに見えますが、コスパが悪い地雷なので存在を忘れましょう。特定のソフトしか使うつもりが無いならそれでも良いですが、STANDARDはセール価格であれば、そこまで高いソフトではないので少し予算を足してSTANDARDを買ってしまった方がよいと思います。


・Komplete 14 Ultimate
URL:https://www.native-instruments.com/jp/products/komplete/bundles/komplete-14-ultimate/

  • 新規購入:177;400円→88,700円
  • KOMPLETE8-14からのアップデート:88,600円→44,300円
  • KOMPLETE8-13 ULTIMATEからのアップデート:59,100円→29,550円

STANDARDで物足りなくなったなどしてアップデート版の購入を検討している方や、旧バージョンからのアップデートを検討している方向けになります。
シンセサイザーの数はそこまで差は無いのですが、エフェクトとEXPANSIONSが大幅に増加しています。
ただシンセサイザーの方が優先度が高いので、上述の通りSTANDARDに物足りなさを感じるまではアップデートの優先度は低いと思われます。

ULTIMATEより上位のCOLLECTORS EDITIONというものも存在していますが、STANDARD→ULTIMATEと比べても劇的な違いはなく、プロではなく趣味レベルだとコスパが悪いと言われています。

・TRAKTOR PRO 3
URL:https://www.native-instruments.com/jp/products/traktor/dj-software/traktor-pro-3/

  • 新規購入:17,600円→8,800円
  • TRAKTOR PRO 1、2など旧版からのアップデート:8,800円→4,400円

DJソフトウェアのメジャーの一角
実際に多くのDJが使用しており、物理的な機材と比べると価格も安くDJをはじめたい方も手が出しやすいかと思います。
上のURLのページを下へスクロールしていくとデモ版へのリンクもあるのでまずはそれで使用感を試してみましょう。

・その他のエフェクトや音源
URL:https://www.native-instruments.com/jp/specials/summer-of-sound-2024/

Action Woodwinds, Action Suiteなど直近で発売された音源等についてはセール対象外となっていますが、KOMPLETE 14に未収録の音源なども50% OFFとなっていますので、KOMPLETE 15で収録されるのを待つのを我慢できない!という方や、STANDARDからULTIMATEにアップデートする魅力は感じないけれど、この音源・エフェクトだけは欲しい!という方はこれを機会に購入を検討するのも良いでしょう。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

約10年ぶりにブログを再開しました。
なんやかんやでかなりの期間トランス&クラブミュージックを聴いていますが、チラホラとブランクある時期もあるので知識や情報が偏っています。

コメント

コメントする

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次